化学療法部


化学療法部・部長あいさつ

化学療法部部長・腫瘍センター副センター長
小松嘉人

北海道大学病院において行われる癌化学療法は、以前はその担当科毎に自由に実施されていた時代がありました。しかし、現在では、エビデンス に基づく質・安全性共に高い癌治療を希望される患者さんが増えており、各病院にもそれが当然の如く求められる時代になって参りました。そこで、当院においても最高のがん化学療法を提供するために、北海道大学病院腫瘍センターが設立されました。化学療法部は、その組織の中でも中核をなす、外来化学療法治療を担当する部門です。

平成16年4月から外来化学療法の実施のために開設された外来治療センターを前身としすでに活動しておりましたが、平成20年1月より、腫瘍センターの設立ともに北海道大学病院の化学療法全般に関わり、各科との連携や、実践、教育、マネージメントをする部門として生まれ変わりました。当院で実施される抗がん剤化学療法の全ての治療プロトコールは、化学療法部の設立に伴い、化学療法部長を委員長とするプロトコール審査委員会が定期的に開催され、審査・承認することで、エビデンスの高い、安全で効果的な治療をいち早くとりいれて、実践できるようにしています。専任医師、専任看護師、専任薬剤師などのメンバーが一体となった高水準のチーム医療を目指して活動しております。H20年度からは緩和ケアチームも共に動くこととなり、積極的化学療法を実施しながら、早期より緩和ケアに臨むことも可能となっています。H21年には、地域がん診療連携拠点病院、北海道高度がん診療中核病院の認定を受けその責務はさらに重くなってきたことを痛感しています。

私が部長に就任してから2年が経ちますが、この2年で外来化学療法患者数も格段に増え、昨年度では年間6000例にせまるのべ患者数となっております。患者数の増数に伴い、かねてからの申請が通り、H22年6月からは、新化学療法部(外来治療センター)として増床(20症例)移転となり、新たなる時代を迎えました。患者さんにやさしい、機能的な場所となるよう、皆で知恵をあわせて、設計の段階から携わりました。患者の皆さんの印象も上々であり、世の中のニーズに対して、十分にお応えできる部署になったと自負しております。今後は、チーム医療型がん薬物療法研修の定期開催も実施し、地域の医師、看護師、薬剤師の教育や実践の場としての役割も果たしつつ、更なる、患者サービスの向上に努めていきたいと考えております。


化学療法部(外来治療センター)について

化学療法部(通称:外来治療センター)では、外来患者さんが安心して安全に抗がん剤や生物学的製剤などの点滴治療を受けられるように、医師・薬剤師・看護師が連携を図り患者さんと一緒に考える「チーム医療」を行っています。


設備は、ベッド11床(うち個室3床)・リクライニングシート12床、車いす対応可能な洋室トイレ3か所、液晶テレビと読書灯を備え付けています。また、治療中を快適に過ごしていただくために、BGMを流し、雑誌やDVDプレーヤーの貸出しを行っています。

 治療当日は外来診察後にセンターにお越しいただき、薬剤の準備ができしだい治療を開始します。看護師は患者さんの目の届くところにいますので、安心して治療を受けていただくことができます。

 外来治療センターには、がん化学療法看護認定看護師を含む専門看護師10名がおり、安全・確実・安楽に治療が実施できるよう、投与中は定期的に観察を行い、薬剤アレルギーや血管外漏出等の予防と早期発見、早期対応に努めています。また副作用の予防や日常生活上の注意点等について情報提供を行い、自宅でも可能なセルフケアを一緒に考え、実施できるよう日々努力しています。医師も常駐しているため、緊急時にも即座に対応できます。

同じフロアに緩和ケアチーム、がん相談支援センター、地域医療連携福祉センターのスタッフがおりますので、連携を図りながら患者さんやご家族の支援に努めています。

  • karyo01
  • karyo02
  • karyo03
  • karyo04

 

薬剤師は、主に2つの業務を行っています。

  • 抗がん薬無菌調製

    薬剤師

    抗がん薬の組み合わせや投与量が手順書(プロトコール)に沿っているか、患者さんひとりひとりの病状(当日の検査値等)にあっているかをお薬の調製前に確認します。

    問題がなければ、安全キャビネットと呼ばれる清浄区域内で無菌的に調製を行います。

  • 調製

    調製後の薬剤は、正しく調製が行われているか、異物や浮遊物がないかを確認(監査)します。

  •  

 

今後は、化学療法部にてお知らせや、新しい情報が入りましたら随時、ホームページを改訂致しますので、時折、化学療法部ホームページへお立ち寄りください。