腫瘍センターについて

腫瘍センターは、これまで本院のがん診療に関わっていた幾つかのグループを統合して、平成20年1月に新たに発足しました。

腫瘍センターに当初求められたものは、(1)がんの集学的治療、緩和医療等、(2)がんの早期診断、緩和医療等に関する研修の企画・実施及び(3)がんの診療に係る医療情報の提供、相談等を行うことでした。平成21年4月に、本院が、がん診療連携拠点病院に指定されてからは、このほか、がん診療に係る院内以外の医師や医師以外の医療従事者等を対象とした研修会の企画・実施や国立がんセンター等で実施される研修会への職員派遣、北海道がん診療連携協議会専門部会の研修会の主催等を行っております。

 


腫瘍センターの沿革

平成16年9月 外来治療センター設置
平成20年1月 外来治療センターを廃止し、腫瘍センターを設置
平成21年4月 地域がん診療連携拠点病院の指定を受ける(厚生労働大臣)
平成21年8月 北海道高度がん診療中核病院の認定を受ける(北海道知事)
平成25年2月 小児がん拠点病院の指定を受ける(厚生労働大臣)
平成30年2月 がんゲノム医療中核拠点病院の指定を受ける(厚生労働大臣)